アパート経営

立地と交通の利便性からアパート経営を考える

    

アパート経営をするにあたり、やはり土地・建物の「立地環境」は大きな要因となります。実際に自分自身が生活を営むと考えた時、どのような環境・立地のアパートに暮らしたいか?と考えると分かりやすいでしょう。しかし、立地環境ばかりではなくそれと合わせて考えていただきたいことがあるのです。

それは「入居者層」というものです。今回は、交通の便利性というものからその入居者層について触れていきましょう。

■交通の便利性を重要視する層について
答えから言えば、大学生や専門学生そして独身会社員などはこれを重視する傾向があるのです。より具体的にいえば、学校や職場に近い・コンビニエンスストアが近くにある・物価が安いなどです。そして、さらに細分化させていくとよりニーズを知ることが出来るのです。

■大学生・専門学生の場合
学生であるという事を考慮に入れると、アルバイト先が豊富であるなどと言う特色が考えられるでしょう。最寄り駅もしくはその周辺に商業施設や飲食店などがあるとニーズが高いということになるのです。

立地と交通の利便性からアパート経営を考える

■独身会社員の場合
仕事を持っているという事を考慮に入れると、深夜営業の飲食店があることやレンタルショップがあるなどということがそのニーズと想定できるのです。

リファレンス=アパート経営 リスク http://www.kenyonpowerboats.com/

■求めているものを考えること
アパート経営する上で、この交通の利便性というものは重要に関わってきます。安定的な収益をあげたい・より多くの入居者をスムーズにという場合には、アパートの新旧や立地ばかりではなく「周辺環境」というものも注目してみましょう。

■幅広く判断していくこと
このように、今回は立地と交通ということからその入居者層を考えていきました。ある程度入居者層を絞り込むことによって、アパート経営歴が少ない・無いという場合においてもスムーズに進めやすいことでしょう。

◆立地と生活の利便性・環境からアパート経営を考える
アパート経営をスムーズにそして安定的に進めていくためには、立地ばかりではなく周辺環境というものもまた大切になってきます。今回はその要素の1つである「生活の利便性」を重視する入居者層について考えていきましょう。果たして、どのような層なのか。そして生活の利便性とは具体的にどのようなことを指すのでしょうか。

■生活の利便性を重要視する層
生活の利便性というものは大半の層が求めているものではありますが、特に重要視しているのは、同棲・新婚カップルや中堅会社員または、ファミリーや独身女性もしくは高齢者などがそれを求めています。また、上記に含まれる方々は、利便性ばかりではなく環境も同時に求めている場合が多いでしょう。

■生活環境と利便性の詳細について
では、ここで環境と利便性から見る周辺環境についても触れておきましょう。環境とは、駅から少し離れていても静かに生活が出来ること。幼稚園や保育園・小学校や公園が近くにあること。景観がよく区画整理がなされて治安が良いことなどが代表的な部分でしょう。

一方、利便性は最寄り駅が商業地となり、スーパーや商店街などの買い物がしやすいこと・医療機関や行政金融機関があることなどがその具体的な部分になります。

■営むということが中心
交通の利便性とはまた違い、「営む」ということを中心にそのニーズが高いことがお分かりいただけるのではないでしょうか。そして、駅から近い場所にアパートがなくても経営をスムーズに進めていくことができる可能性があることもお分かりいただけたでしょう。

■安定的な入居者層
先のような生活環境や利便性を重視する入居者の場合は、継続的に契約をする可能性が高いので、アパート経営においても安定につながりやすい層でもあるのです。