アパート経営

調査を行うときには街全体を見渡すことが大切であるということを肝に銘じておく

    

入居者ニーズを知ることというのは、アパート経営をよりスムーズに進めていく大切な要素といえるでしょう。もちろん、そればかりではありませんが入居者ニーズを調査することによってより安定的な収入を得られる可能性も高くなるのです。

そこで、今回は調査のポイントなどについて考えていきましょう。

OKを出す男性

■立地と最寄り駅について
アパートの立地と最寄り駅までの距離を言います。こちらは、入居をする際に誰しもがポイントとする部分でしょう。徒歩圏内なのか・バスなどを使うのか否かなどによって、家賃設定もまたずいぶんと変わってくるかと思います。

必ずしも、遠ければニーズが無いというわけではありません。景観が良い・治安が良いと判断をし、ファミリー層などに人気をよぶということもあるのです。

■街のイメージについて
街全体のイメージと言うものを調査するのも有効的です。知名度なども合わせて把握しておきましょう。特に独身者層などのばあいは、これを重要視していると言う場合も多いようです。

人気のある街・おしゃれな街などという事もありますし、「イメージが良い=生活がしやすい」と受け取られる傾向もあります。

■生活環境について
商業施設や公園・学校や行政施設の有無といった部分です。ファミリー層や独身者層どちらにおいても生活環境は大きな判断材料となるものです。

ですから、アパート経営を営んでいく上においては必ず調査したい部分でもあるでしょう。

■街全体を把握すること
立地と街の関係性をよく調査することによって、どの層をターゲットにするのか・どのようなアピールポイントを作って行くのかなどという部分について見えてきやすいという事がいえるでしょう。

調査を行う際のポイントとしてみてください。